記事一覧

水を飲んでデトックス&ダイエット?

どうして自然の摂理に反してまで、せっせと水を飲む人が多いのでしょう。「のどが渇いていないのに水をたくさん飲むのをやめてください」と言うと、以下のようなお答えが多く返ってきます。

①「水を飲むと毒素排泄すると聞くのですが」
毒素という言葉がネット情報などでもまことしやかに使われますが、毒素の概念は非常に曖昧です。水銀やダイオキシンなど、人間が取りこんでしまうと排泄されにくい有害物質というものは確かにあります。しかしそれらは、水を飲んでも排泄されません。水に溶けないから体にたまるのです。毒素がアトピーやがんの原因になるという説があり、それらがある程度関与することは間違いともいえないのですが、その毒素を水で排泄することはできません。水に溶けて尿や汗から排泄されるものはアンモニア、尿素など限られた物質であり、それらは毒素ではありません。よって水をたくさん飲んでもアトピーなどの疾患を防ぐことはできません。

②「水を飲んで汗を出すと代謝が上がると聞いたのですが」
水を飲んでも汗は増えず、増えるのは尿です。みなさんは汗をかいている人を見たとき「暑いのかな」「緊張しているのかな」と思うでしょう。「水をたくさん飲んだのかな」とは思わないはずです。反対にトイレが近い人を見ると「水分とりすぎなのかな」と思うでしょう。飲水で汗が増えないことは、実はみなさん知っているのです。また、汗をかいて代謝が上がることもありません。代謝を上げたければ、筋肉をつける運動が必要です。汗をかくと毛穴がきれいになるという説もあるようですが、汗腺と毛穴(皮脂腺)は別の穴なので、汗で毛穴の掃除はできません。

③「水を飲むとやせやすくなると聞きました」
水を飲むと尿は増えますが、脂肪は減りません。尿や汗には水溶性のものしか排泄されないので、まさか脂肪が出るはずはないのです。運動していい汗をかけば、筋肉がついてやせやすくなります。

④「水を飲むと肌がうるおうと聞きました」
たくさん水を飲んでも、それが肌にいくというものではありません。肌のうるおいを守っているのはセラミドなどの保湿物質です。暖房がきいた部屋では肌が乾燥するから水を飲むという人がいますが、それは間違い。朝、出かける前に保湿美容液でしっかり保湿しておけば、乾いた部屋でもうるおい肌をキープできます。

おすすめ水分摂取法

飲み物としては、温かいハーブティなどがおすすめです。カフェインの摂りすぎは肌にも体にもよくないので、カフェインの入ったものは一日2杯程度までにして、それ以外はノンカフェインのものにしましょう。ハーブティには美肌や健康に効果のあるものが多いので、ぜひ取り入れてみてください。コーヒーなどの味が強いものに慣れた人には物足りなく感じるかもしれませんが、味覚は「慣れ」です。強い味ばかりに慣れるのも、よいことではありません。ハーブティなど味の繊細なお茶は、質のよい茶菓を選び、丁寧に掩れることも大切です。

●おすすめハーブティ
カモミール リラックス効果があり、寝る前におすすめ。美白などの美肌効果もある。
エキアセア 免疫アップで、風邪・インフルエンザなどの病気予防にも。
ミント 胃腸がすっきりし、気分もさわやかになる。なじみやすい味なので、他のお茶とブレンドしても。
レモンハーム レモンの風味がさわやか。脳の活性化や若返りにも有効。
ローズヒップ 美肌効果は最高。ビタミンCも豊富です。

家庭で簡単に栽培できるものもあります。フレッシュハーブティ(生のハープの葉でいれたお茶)のおいしさはまた格別です。ハーブティ以外のノンカフェインのお茶としてはソバ茶、ハトムギ茶、イチョウ茶などがおすすめです。飲むタイミングは、のどが渇いたときに、ゆっくりと。必要な水分が体にいきわたることを意識しながら飲みましょう。

人間の体は必要な水分を体内に維持し、不要な分は排泄するようにできています。のどが乾いていないのに水を飲むということは、この水分調整システムを無視した行為。体にとっては有害ですらあります。飲み物としておすすめなのは、温かいハーブティ。のどが渇いたときにゆっくりと、必要な水分が体にいきわたることを意識しながら飲みましょう。

誰もが細胞美人になれる!

最先端の生命科学を取り入れたヒト幹細胞培養液を使ったコスメが誕生して注目を集めています。これからどんどん、肌の若返り効果についても、科学的な検証が進められていくでしょう。肌を細胞から若返らせる細胞美容が手軽に実践できるようになりました。スキンケアを変えることで細胞レベルの美しさを取り戻せれば、肌の状態だけでなく気持ちも上向き、行動も変わり生き方まで変わるかもしれません。

心からの若さと元気を維持し続ける細胞美人。それこそが「究極の美」ではないでしょぅか。毎日気持ちよく楽しくいきているという実感を持ち、愛情や感動にあふれる生活を送れば、肌の元気も維持できます。生活のメリハリ、生活のうるおいは、そのまま肌のうるおいになります。それぐらい肌はあなたの生き方を正直に映し出す鏡のようなものです。細胞という小さな小さな一つの命が60兆個集まって、育んでいるのが私たちの体です。

いわば細胞は体のリズムやハーモニーを奏でるオーケストラや合唱団です。そしてあなた自身が指揮者です。どんな美しい音楽を奏でられるかは、指揮者のあなたに責任があります。体のハーモニーやリズムを奏でる大切なメンバーである細胞を軽視したりせずに、大切に考えれば、自ずと自分の生き方も変わってくるはずです。人を魅了するような美しいメロディーを奏でられるように、細胞美人を一生キープして、愛される肌、そして愛される女性であり続けましょう。

細胞レベルの美しさがこころと体を若返らせる②

どれが自分に合ったスキンケアなのか? その答えを探すのは難しいですね。化粧品売り場、雑誌、ネットなどを使って情報収集しても、それが正しいかどうかは自分で肌を見ながら決めなければなりません。ひとつ私たち人間に共通していることは、私たちが60兆個の細胞からできあがっていて、その細胞はどんどん入れ替わりながら、私たちは生きているという、細胞の営み。これには個人差はなく、人間なら誰でも必要な「生きていくためのシステム」なのです。

そんな細胞の入れ替わり、新陳代謝を遅らせない、衰えさせないための努力をすることは、肌の美しさを維持し、健康な体を保ち続けるために、全ての人々に必要なことなのです。だから、見た目だけの美しさではなく、細胞レベルで調べたときにも「健康です!」とほめられるように、日々の生活を送ることが大切なのです。「人は見た目が9割」と言いますが、見た目を作るのは人間の内面だと思います。前向きに生きる、明るく生きる、挑戦する心を失わない、感謝の気持ちを忘れない。

そんな内面的に安定した心持ちがあれば、落ち着いて体のメンテナンスもできるようになり、知らないうちに外見、見た目まで美しくなれるものです。私たちは、肌を見れば血管の中を流れる血液のようすもわかりますし、ウイルスや細菌に感染しているかどうかもわかります。暑さ寒さや空気の乾燥状態なども肌が教えてくれます。肌は細胞の状態を雄弁に語り、私たちに良くわかるようにシグナルを発信してくれる場所。肌の声にもっと敏感になれば、細胞レベルで美人になることもできるのです。

細胞レベルの美しさがこころと体を若返らせる①

肌の調子が良いと気分も明るくなりますよね? あるアンケート調査で、「肌荒れしていると気分が上がらない」という女性が85%もいたそうです。女性にとって肌のコンディションは気分を左右するとても重要なことなのです。だからいつまでも明るく良い気分で生きていくために、肌をベストな状態に保っていくことがとっても大切なのです。古代ギリシャ時代、スキンケアとメイクアップは別の分野として考えられ、メイクアップは神事で使う儀礼的な習慣なのに対して、スキンケアは健康を維持するための医学的な意味合いが濃いものでした。

肌をキレイに健康に保つことが、全身の健康に大きな意味を持つことを、昔の人はよく知っていたのですね! では健康な肌を維持するためには、どうしたら良いでしょうか? 化粧のテクニックでニキビやシミを隠すよりも、ニキビやシミができないように心がけることが大切だと思います。そのためには、肌の細胞一つ一つを大切に思い、行動することが大切です。あなたの体はあなたが食べたものでできていると言いますが、「あなたの肌はあなたの生活の結果である」と断言しましょう。

夜更かしして寝不足になれば肌荒れを起こす、インスタント食品ばかり食べていれば肌がカサカサになる、怒ってばかりいると怒りシワができる、運動不足が続けばむくんで不健康そうになる。このように肌はあなたの行動を映す正直な鏡なのです。だから肌の状態を常に確かめて、自分の生活を反省して、肌を細胞レベルで傷つけないように心がけるぺきなのです。スキンケアが医学や健康法につながることは、これだけ考えても明確です。

ページ移動