記事一覧

細胞を老化させないための食習慣

食養生と言いますが、食べ物は、新しい細胞をつくるためのタンパク質を供給する供給源ですから、疎かにしてはいけないアンチエイジングのための大切な要素です。あなたがもしジャンクフード、お菓子、ジュース、インスタント食品ばかり食べていれば、あなたの体はジャンクフードやインスタント食品からできた細胞で構成されてしまうのです。そんな不健康な食事でできた細胞まみれの体になったら、10代でも20代でも、疲れやすく、病気ばかりして、髪が痩せたり、肌が荒れたり、老けを感じたりするはずです。

アンチエイジングには、60兆個の細胞を健康でキレイな状態に保つことが最も重要で、それを維持するためには、食事がとても大切です。シンプルに説明すると、細胞の原料になる良質のタンパク質(肉・魚)、タンパク質の分解や合成に必要なビタミン・ミネラル(野菜・果物)、老廃物を排出するための食物繊維(野菜・果物)、ホルモンや体の調子を整える脂質(魚・ナッツ類)、細胞の傷を修復する抗酸化物質(野菜・果物)などを、体調に合わせてバランスよく食べることです。注意しているのは 「精白した食品」には手を出さないようにしています。

ご飯は白米より玄米、パンやパスタも全粒粉のもの、白い砂糖や精製塩は使わずに、黒い砂糖や自然塩を使う。また、レモン、すだち、ゆず、みかん、しようが、にんにく、ワサビ、大葉、山椒、トウガラシ、コリアンダー、ゴマ、パプリカ、コショウなど、さまざまな香辛料やハーブ、フルーツなどを料理に使うことです。薬味や香辛料など味、香り、色が濃い植物には、フィトケミカルといって、野菜が自分の身を守るための強力な抗酸化成分が含まれています。井物、みそ汁、麺類など、薬味をたっぶりかけようと思えば簡単にできるメニューもいっばいありますから、ぜひ実践してください。