記事一覧

細胞の若さを取り戻すおすすめエステサロン

自分でスキンケアを行うときも今までご紹介したようなポイントに注意していますが、エステサロンに行ったときも、必ず同じポイントを確認します。エステティシャンの手は指先まで温かでなめらか、十分に保湿され真綿のようにフワフワしていなければなりません。マッサージの前に肌を蒸しタオルやスチーマーで温めながら保湿して、肌の表面を浸透しやすい状態にしてくれる配慮がないとNGです。施術中に、こちらが聞いてもいないのに、肌のウイークポイントを指摘したり、スキンケア法にダメ出ししたりするのは、気持ちをリラックスさせてくれませんし、大きなストレスになりかねません。

マッサージは、あくまでもやさしいタッチで、痛みや不安を感じさせないように行うのが基本です。頼んでもいないのに、「体が凝ってますね」とガンガンツボ押ししたり、強い圧で押すのも間違っていると思います。お客さんに要求されてから庄を強めるのがマナーだと思います。サロンの中はとにかく清潔で、タオルやガウンなど、肌につけるものは特に柔らかくて低刺激、心地よいものが準備されているサロンでないと信用できません。そして一番大切なのが、エステティシャンやサービススタッフが、お客さんに対して思いやりの心と愛情を持って接していることです。

「このお客さまをもっと素敵にしてあげたいな」「笑顔を輝かせてあげたいな」「疲れを取ってあげたいな」というやさしい気持ちを持って施術するエステティシャンのサービスは、心からリラックスできて、「この人に大切な肌をゆだねて、美しくしてもらおう」という決心がつきます。私はやはり日本のエステサロンが一番優れていると思います。どのサロンも思いやりと愛情を持って、私の肌をケアしてくれるので、安心して施術を受け、生まれ変わったように肌が若返ります。忙しくて自分で満足なスキンケア、ボディケアができないときなどに利用しています。