記事一覧

美肌成分が浸透しやすい肌のあの部分

毛穴は美容の大敵ですが、実は化粧品が最もよく浸透する場所です。肌に穴が開いている場所なのですから、当然深くまで浸み込んでくれる可能性があるのです。しかも毛穴のまわりには、幹細胞がたくさん集まっていることも明らかになっています。毛穴の吸収力を高めるためには、良く汗をかいて、汗腺が詰まっていない状態を保つことが重要です。さらに毛穴にも皮脂のかたまりや汚れを溜め込まずに、清潔にした状態で、スキンケアを行うと、毛穴からの浸透が活発になります。特に毛穴は皮脂を分泌しているので、脂溶性の美容成分は特によく浸透します。毛穴を掃除してからスキンケアを行うようにしましょう。

電気や超音波、光、熱の刺激や微小な注射針の針先によって、肌の浸透力を高めます。特に通常のスキンケアでは浸透しにくい、高分子の美容成分を肌の内部に浸透させることができます。これらの施術は、美容皮膚科や美容外科で特殊な機械を使って受けることができますが、値段が高いです。自宅でできる美顔マシンのようなものも販売されています。手軽に自分でできるので、便利ですが、美容皮膚科や美容外科の医療機器よりは効果が穏やかです。その分、低刺激で何度も使うことでじっくりと浸透させていこうという気持ちで取り組めぼいいと思います。ピーリングもスキンケア成分の浸透力を高めることがわかっています。

よく、ピーリングで古い角質を落としておくと、美容成分が浸透しやすいと思われがちですが、実はそうではなく、ピーリング剤に含まれているフルーツ酸などの成分が、肌を刺激して、細胞の活動を活発にしていることで浸透力が高まっていることが明らかになりました。ただし、ピーリングを頻繁に行うと、肌がその刺激に耐え切れなくなって、トラブルを起こすリスクもあるので、週に1回程度で、たとえば週末のスペシャルケアに、ピーリングをするのが良いでしょう。ピーリングの後にぜひ行って欲しいのが、マスク美容です。ピーリングの刺激で肌の浸透力がアップした肌にたっぶりと美容成分を届けるために、成分をたっぶり含んだマスクで肌を包み込み、湿布するように浸み込ませていくのです。

これが効果絶大で、マスクした後は肌がふっくらして、たっぶりと保湿した肌の表面はなめらかで、化粧ノリも長くなっています。タオルの摩擦に関しては、肌を傷つけるリスクがあるのでこすらないように注意しましょう。できれば吸水性のいいフワフワのタオルで、触り心地のいいものを選びましょう、柔らかくて清潔で気持ちが長いタオルで肌を包み込むと、オキシトシンが分泌されてさらに美肌になれるはずです。タオルはスキンケアに欠かせないものです。自分の肌のために、心地よいタオルを用意しましょう。