記事一覧

細胞レベルの美しさがこころと体を若返らせる①

肌の調子が良いと気分も明るくなりますよね? あるアンケート調査で、「肌荒れしていると気分が上がらない」という女性が85%もいたそうです。女性にとって肌のコンディションは気分を左右するとても重要なことなのです。だからいつまでも明るく良い気分で生きていくために、肌をベストな状態に保っていくことがとっても大切なのです。古代ギリシャ時代、スキンケアとメイクアップは別の分野として考えられ、メイクアップは神事で使う儀礼的な習慣なのに対して、スキンケアは健康を維持するための医学的な意味合いが濃いものでした。

肌をキレイに健康に保つことが、全身の健康に大きな意味を持つことを、昔の人はよく知っていたのですね! では健康な肌を維持するためには、どうしたら良いでしょうか? 化粧のテクニックでニキビやシミを隠すよりも、ニキビやシミができないように心がけることが大切だと思います。そのためには、肌の細胞一つ一つを大切に思い、行動することが大切です。あなたの体はあなたが食べたものでできていると言いますが、「あなたの肌はあなたの生活の結果である」と断言しましょう。

夜更かしして寝不足になれば肌荒れを起こす、インスタント食品ばかり食べていれば肌がカサカサになる、怒ってばかりいると怒りシワができる、運動不足が続けばむくんで不健康そうになる。このように肌はあなたの行動を映す正直な鏡なのです。だから肌の状態を常に確かめて、自分の生活を反省して、肌を細胞レベルで傷つけないように心がけるぺきなのです。スキンケアが医学や健康法につながることは、これだけ考えても明確です。