記事一覧

不規則な生活こそ美容の大敵②

また、食事から摂った脂肪が脂肪細胞にため込まれ始めると、「レプチン」が脂肪細胞から分泌されます。このホルモンが発信するシグナルが、脳の目の奥にある「視交叉上核」にある「満腹中枢」に働きかけて、「お腹いっぱい」だと感じるのです。ところが、食べ過ぎが続いたり、夜遅くに食べる悪い習慣を続けていくと、脂肪細胞に脂肪がたまり続け、脂肪細胞の一つ一つが肥大化していきます。そして肥大化、大型化した脂肪細胞からは、食欲を抑えるホルモン、レプチンの分泌が減ってしまうのです。私たちの体に体内時計があるのはご存知だと思います。

体内時計は、大きく分けて2種類。まず脳内、場所としては日の奥にある視交叉上核にある「主時計」と脂肪細胞など全身の細胞に存在する「末梢時計」があります。細胞の一つ一つに時計がついているなんて、驚きです。脳の主時計は、光の刺激によって、体内の細胞一つ一つにある末梢時計にシグナルを送り、体を「昼モード」や「お休みモード」に調節しています。つまり視交叉上核にある主時計として働く体内時計は、体全体の指揮者みたいなものです。

一方、脂肪細胞は、オーケストラの中でもかなり音が大きい、打楽器奏者のようなものだと考えてください。指揮者がいくら指揮棒を振っても、打楽器が指揮者の言うことを聞かずに、大きな音を立てて暴走すれば、オーケストラはめちゃくちゃなリズムとメロディーになってしまいます。肥満した体に付いた脂肪細胞は、暴れ太鼓のように体のリズムを乱して、脳の主時計までも狂わせてしまうのです。肥満は顔のたるみやシワをつくり出す美容の敵でもあります。体内時計をしっかり働かせるためにも、規則正しい生活を送りましょう。